スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他

新しいネタを思いついた・・・かも。
スポンサーサイト

その他

マドモアゼル・モーツァルト

 マドモアゼル・モーツァルト (1) (福山庸治選集 (1))

 1989年~1990年連載。
 モーツァルトが女だった…。という逆転物です。

 しかしながら、百合的な展開は全くないです。劇中、コンスタンツェと結婚したりしますが、女性同士の恋愛感情が書かれたりというシーンも一切ありません。それどころか、コンスタンツェは女性としてのモーツァルトを拒絶すらします。
 結局は、全編にわたってサリエリがモーツァルトを病的に追い掛け回すという展開ですね。

 女性だったという設定ではありますが、ここに表現されているモーツァルトに性別は意味はないのかも…。

 周囲の事情で「男性でないといけない」という面はあるのですが、肝心の本人が性差というものを疎むシーンが殆ど無いですし。

 彼女は、自分の作品がいかに素晴らしいもので、他人を狂わせてしまうほどの才能があるということを隠そうともしません。
 つまり、映画の「アマデウス」に出てくる像をそのまま継承したようなキャラクターなのです。
 時代背景的に、女は作曲家になれないというジレンマはあるとはいえ、恐らく自身が性別はどちらでもいいと思っているのではないでしょうか。

 父親の為に、天才音楽家を演じ続けるということに疑問を感じるような場面や、サリエリとの関係を通して父の呪縛と戦う、というシーンもあるにはあるのですが、それすらも自己完結してしまいますしね。

 全く考えていないというわけではないでしょうし、繊細な表情で描かれている時もあるのですが。
 まぁ、明るいキャラクターなので…。

 彼女にとって大切なのは、楽しく生きるということと、音楽を創作するという部分であり、性別は二の次なのでしょう。


 絵を見ているだけで、音楽が頭の中に聞こえてきます。
 読後が非常に爽やかで、名作の誉れ高い作品です。
 機会があれば、是非。

その他

いつだって成長できる。

 「恥知らずのパープルヘイズ」はJOJOの奇妙な冒険第五部(黄金の風)の半年後を書いたノベライズです。
 一世を風靡した人気漫画と、実力者である上遠野浩平氏のコラボレーションとして話題になりました。

 
恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-
(2011/09/16)
上遠野 浩平、荒木 飛呂彦 他

商品詳細を見る


 主役として、新しく命を吹き込まれた「パンナコッタ・フーゴ」は実に不可解な人間です。
 彼の思考には様々な矛盾がありすぎるのです。

 冷め切っているのか、燃え滾っているのか。
 人が嫌いなのか、求めているのか。
 殺したいのか、助けたいのか。
 達観しているのか、後悔しているのか。
 空虚なのか、希望をもっているのか。

 紹介されているプロフィールと、彼の行動には様々な矛盾がこめられているのです。

 それは、彼が成長途中であるからなのでしょう。
 悩み、傷つき、戦い、成長していく人間だからです。

 矛盾とは、彼が成長する為の過程でしかないのです。


 「人生とは何か、人生はつまるところ、理不尽だ」ヴラディミール・コカキ


 たしかに、理不尽だらけであるでしょう。
 しかしながら、多くの人間はその理不尽と向き合い答えを出そうとします。
 そこで自分の無力さを感じながらも、多くは歯をくいしばって前に進もうともがくものです。

 これは物語の中だけの話ではありません。現実世界において、大なり小なり皆さんが日常的に行っていることなのです。
 
 その中で、成功というポジティブなものだけではなく、絶望し、終わったと自覚することもあるでしょう。
 しかし、本来そこには正解など無いのかもしれません。ネガティブな要素が利益に繋がることもあるからです。後退することこそが、遠回りな前進の場合も存在します。

 一歩踏み出すことが出来なくとも、それが見出した「答え」であれば、それでいいのかもしれません。
 諦めて白旗をあげてしまっているという人でも、そこに至る過程はあったはずです。
 その過程が逃避だったとしても、到達地点に向かうまでの道のりが存在する限り、人は歩いたということになります。たとえ、たどり着いた先が行き止まりだったとしても。

 そして、時間が経てば行き止まりだった場所にも変化があるかもしれません。
 その変化に気づけるのか、見てみぬフリをするのかは、わかりませんが…。

 どのようになるのかは本人次第です。


 「私は、振り返った方がいいのかもしれない。あの丘を越えて後戻りする道を」ジミ・ヘンドリックス


 前を向いて進んでいくのか、後退していくのか…。
 そこには本来、強さや、弱さは関係ありません。他人に誇るものでもなければ卑下することでもありません。

 逃げることを選択して恥と感じるということですら、自分の選択でしかないのです。

 この物語で使用されているガジェット「スタンド」は、概ね戦いに使用されるものです。そして、スタンド能力同士の戦いは、精神の削りあいです。相手の心を屈服させることが重要になります。

 しかし、それだけではなく、そもそもスタンドとは自分の鏡であるはずなのです。
 結局のところ、問いかけるべきは自分であり、答えはその中にしか存在しないということなのでしょうね。

 ただ、答えがどうであれ、人はいつだって「成長」できるのは間違いありません。
 いつだって「成長」は、それを望むものを待っているのですから。

 ブチャラティ。アバッキオ。ナランチャ。そしてフーゴ。
 彼らが見せてくれたように。

 Red House:Jimi Hendrix

その他

噂のドラゴンズ・ドグマ まさかの百合物?

 また唐突にゲームの記事でも。
 ドラゴンズ・ドグマというアクションゲームになります。といっても内容や説明等は端折ります・・・。
 雰囲気は、以下の動画をご覧くださいませ。

 


 一見、正統派のファンタジーっぽい感じの内容で、百合要素など欠片も無さそうなゲームですが・・・。

 この作品、オープンワールド系の特徴である「細かいキャラクタークリエイト」ができます。
 体格や顔、髪型などを自由に組み合わせて「理想の自分」を作り上げ、冒険ができるわけです。
 上手くクリエイトできれば、かなりの美男美女も可能で、まさに理想の自分の姿で、箱庭を旅することができるというわけですね。
 
 自由自在にキャラクターを作れるのですから、性別も選択可能です。

 キャラクターのエディット画面

 そこで問題になるのですが、ストーリーは全てが「男キャラクター」を前提に考えられているという部分です。
 
 劇中、ファンタジーでのお約束ですが、お姫様や、村の幼馴染と仲良くなったりします。。。
 当然ですが、それらは女性です。

 つまり、自キャラが女性であった場合、ストーリーに絡んでくるのが女性ばかりなので、百合模様全開(というかビアン)になってしまうのです。

 システム的には、性別関係なく全ての住人と懇意になることができるのですが、大抵の場合はお姫様や、ゴシックパンクなルックスの女の子とラブラブになりますね・・・。


 セレナ
 主人公とラブラブになる可能性のある一人、セレナさん。



 最終的には、ドラゴンから相方を救い出した後に抱き合うシーンまでもが見れます。かなり情熱的な抱きつき方で、キス以上の行為を連想させるほど・・・。

 カプコンが大層な勢いで作り上げた真面目な内容のアクションゲームだったはずなのに、百合ゲーとはこれいかに・・・。


 ちなみに、このゲームはシステム上「多く話しかけた人と仲良くなる」んだそうです。
 なので、必然的に多く話しかける人間の高感度が上がっていってしまうことになります。

 結果、宿屋のおじさん、武器屋のお爺さん、と仲良くなってしまう人が続出したんだとか・・・。

 男性キャラでプレイされていた、ストレートな方はさぞ衝撃の展開だったことでしょう。


 
ドラゴンズドグマドラゴンズドグマ
(2012/05/24)
PlayStation 3

商品詳細を見る


 無料体験版がありますので、気になる方はやってみてはいかがでしょうか。

その他

機動警察パトレイバー the Movie

EMOTION the Best 機動警察パトレイバー 劇場版 [DVD]EMOTION the Best 機動警察パトレイバー 劇場版 [DVD]
(2009/10/27)
冨永みーな、古川登志夫 他

商品詳細を見る



 押井守監督作品です。
 GWということで、何か映画をと思っていたのですが、電気屋さんで1000円で売っているところを発見、即買いました。VHSのビデオで見てから、おそらく10年ぶりに見たのではないでしょうか。
 新宿の映画館で見た記憶もありますが、それがパトレイバー2だったのか何だったのかハッキリしません。
 つまり、結構古い映画だということです。

 内容がOSやコンピューターウィルスを中心にしているので、古さを感じませんでしたが、これギリギリ80年代の映画なんですね。もう20年以上前の映画ということになります。
 当時のPCのOSは殆どがDOSだったのではないでしょうか。そんな時代に主題に持ってくるとは、なんという先見性でしょう。
 
 この時点で押井節が炸裂していて、完全に作風が固まっていたんですね。
 旧約聖書の引用や、風景を見せて音楽を流すというお約束も当然入っています。
 これは、刑事さんが必死に捜査している場面なのですが GHOST IN THE SHELLでお馴染みの不協和音っぽい音楽で、引き込んでいく手法です。

 驚かされたのは、アニメや漫画的な手法が随所に残されていたところです。
 オチで人物が凍ったり、顔がデフォルメされたりなど「うる星やつら」等で見られたギャグ的要素を排除していなかったんですね。
 現在の作風ばかり見ていると、ちょっと信じられないような感覚になります。

 缶ジュースのプルトップが引っ張るものだったり、携帯電話がなかったり・・・。この20年で飛躍的に様々なことが進化したのだなぁと・・・。何度も何度も感じてしまいました。


 私は、パトレイバーという作品自体「ゆうきまさみ」氏が全て手がけて、漫画を描いていたものだと思っていましたが、様々な面で色々な方が関わった大きなプロジェクトだったようです。

 漫画は、あまりにも考え抜かれたコマ割を持つ作品だったので、非常に記憶に残っています。
 なぜ、作者が映像のカットを意識した絵を描いていたのか、理由は知りませんが、今思えば「見せ方」という一点のみ、押井監督との相性は良かったのかもしれません。

 というわけで、久しぶりに原作を読みたくなってしまい、更に機動警察パトレイバー2のDVDを捜すことになってしまいました・・・。

 そんなGWでした。
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。