スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合物件

ことのはの巫女とことだまの魔女と

ことのはの巫女とことだまの魔女と (IDコミックス 百合姫コミックス)ことのはの巫女とことだまの魔女と (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2006/07/14)
藤枝 雅

商品詳細を見る


 同人を長年やっていたという筋金入りの絵描きさんのようです。かなり昔のファンロード等で最も見られた画風ですね。線がとても細く、綺麗です。こういった絵は、これに特化して描いていないと絶対にだせない繊細さを持っていると思います。コマも少女漫画で見られたような使い方をされるので、そういったジャンルが好きな方はすんなりと入っていけるでしょう。

 ストーリーは、とにかく「王道」のど真ん中です。これ以上ないくらい王道です。そして「古典」でもあります。
 幸せになる為の一本道をひたすら全速力で駆け抜けていく感じです。
 キャラクター。台詞。それらにも全く捻りはありません。

 実は、こういった王道ストーリーというのは、脚本の世界では非常に重要視され尊重されています。
 ハリウッドの脚本マニュアルでは王道の大切さがいかに重要か、かなりのスペースを割いて示されているほどです。

 王道、ワンパターンを使用する理由は沢山あります。
 ハリウッドでは映画が「産業」として肥大化しすぎてしまったので、資金回収の為に安全パイを使わなければいけないという切実な事情も確かに存在はするのですが・・・。
 しかし、理由はそれだけではありません。

 王道は、人の心に届くからです。

 それを受け取って感動すれば幼稚であるとか、ダークで悲惨な映画のほうが真に迫っている、等の議論はここでは必要ありません。王道だけを求める姿が、ハリウッドの映画だとすれば、それを唾棄し忌み嫌う人がいるのも当然です。
 力を持った組合の中での正義は、芸術ではなく収入という成績でしかないのですから。

 しかし、ここで問題になってくるのは「使い方」であると思っています。
 ご存知の方も多いかと思われますが「涼宮ハルヒの憂鬱」原作第一巻は、テクスチャーと語り口に時代性を持たせてはいますが、これ以上ないくらい王道の大団円を向かえます。

 結局は、既に幾多の物語で使用されている王道の筋書きに、とりまく環境がどれだけスパイスを与えられるか? にかかっているということなのです。

 「ことのはの巫女とことだまの魔女と」という物語には、王道の持つ美しさと、ちょっとだけの調味料が効いています。そして、旧体系の画風からは、どことなく余裕すら感じますね。
スポンサーサイト

百合物件

少女セクト

少女セクト(2) (メガストアコミックス)少女セクト(2) (メガストアコミックス)
(2006/04/19)
玄鉄絢

商品詳細を見る


少女セクト (メガストアコミックス)少女セクト (メガストアコミックス)
(2005/08/19)
玄鉄絢

商品詳細を見る


 2006年発売と、かなり昔の作品になります。当時はアマゾンで書籍売り上げ二位になるほど人気作でしたし、またOVAも製作されたということで、あらためて少女セクトはなんだったのか、書いてみたいと思います。

 成年指定は受けていませんが、明らかに直接的なポルノと呼べる部分がありますので、そこも含めての評価ということになるとは思うのです。どうしても、そこは避けて通れません。

 この物語を読んでいくと、すぐに藩田さんと内藤さんの見た目から受ける印象が、実は全く逆であるという古典的なギミックがすぐに目につくはずです。
 藩田さんは、とにかく一途であり繊細な心を持った子であり、内藤さんは、ガサツで粗暴と呼べる部分さえ持ち合わせています。
 その内藤さんの行動が曲者で、割合にして百合の世界で語られる純愛とは程遠い行動を多々見せます。所謂、二丁目のノリとでも言うのでしょうか。ゲイやドラァグクィーンの醸し出す「軽薄さ」が出ているんですよね。

 同性愛の世界というのは、アルコールにまつわる「軽薄さ」が部分的に存在します。
 セクシャルマイノリティの僅か一部分ではありますが、夜の世界で生活しているというのは事実ですし、そういった方は心に傷を持った方が少なくありません。
 彼らの醸し出す表面的な「軽薄さ」とは、夜の世界という隔離された場所で生きる為の術なのかもしれません。
 (あくまで極僅かの例でしかありません、大多数は一般社会で生活しています)

 何も考えていないわけではないのです。
 常に何かに追い立てられていると言っても過言ではないでしょう。
 将来に対する不安。肉体を変化させたことによる弊害。
 それらを全て抱えて、しかし、それでもそうやってしか生きられない自分。
 生きることに敏感なんですね。きっと・・・。

 軽薄というのは、それらの裏返しでもあるのです。

 この物語ですぐに肉体関係にまでいってしまっています、気持ちのやりとりを無視しているかのようです。
 大抵の場合、百合漫画で求められるのは「純愛」であったり「繊細な気持ちのやりとり」だったりするはずです。

 少女セクトは、そういった一般的な気持ちのやり取りを書きつつも、セクシャルマイノリティの持つ「軽薄な」部分も表現したかったのかもしれないと思いました。

 セクトとは、元々否定的な意味を持つ言葉です。反社会的な行動をするカルトと言えばいいのでしょうか。

 きっと、この作品は「純愛」や「お嬢様」で溢れていた、当時の百合作品達に何か一石を投じたかったのかもしれませんね。

百合物件

まんがの作り方

まんがの作り方 2 (リュウコミックス)まんがの作り方 2 (リュウコミックス)
(2009/08/20)
平尾 アウリ

商品詳細を見る


まんがの作り方 (1) (リュウコミックス)まんがの作り方 (1) (リュウコミックス)
(2009/02/20)
平尾 アウリ

商品詳細を見る


 2009年12月現在で2巻まで刊行。続刊。


 私には、百合というよりも製作者の気取らない誇りのようなものがチラホラと見えたような気がします。

 帯に踊っている「新感覚」という煽りはどこから来ているのか? ひょっとすると、ドロドロとした粘着質な部分が無く、サラリと物語が進んでいく部分を指しているのかもしれない等と無駄に考えてしまいました。
 けれど、内容はそういった思考する部分は皆無で、文字通りサラリと流れるように進んでいきます。

 「まんがの作りかた」と、かなり意味深なタイトルがついていますが、登場人物達の「漫画を書く」という行為自体に、生きていく為に仕事をするという方向性は薄いです。
 自らの表現の結露のようなものを求めて試行錯誤をしているという感じでしょうか。

 漫画に限らず、何か目標を設定し突き進む若者の姿が「格好つけないという格好をつける」という範囲で表現されているような気がしますね。

 お気楽というポーズを被りつつも真剣さという誠実な気持ちを持った若者の姿がそこには、はっきりと書かれています。
 物を作り出し表現するという尊い作業に対しての幻想が詰め込まれているような気がしました。

 漫画、絵、役者、音楽に魅入られた人間は真剣であればあるほど、犠牲にするものが多くなります。
 昔から「絵描き、役者、音楽家とだけは結婚するな」と言われていました。それは当然のことであり、そこで結果を出せる人間はごく僅かだからです。
 しかも、いくら命をかけて表現していても「結果=稼ぎ」がないと、他者からは「遊んでいる」としか言われない世界でもあります。

 しかし、そんな辛い状況でも、苦しみながらも何かを表現するという行為を通して、飢えを乗り越えている人間もいるということです。

 この作品を普通に読むならば、周囲5メートルで完結するという世界の中で、絶妙な台詞回しを堪能できます。
 読み物として優れていますね。
 お決まりの脚本等のように進む話ではないということです。
 こういった文才の方向に実力のある漫画を読むのは、個人的に好きですね。

百合物件

空色ガールフレンド

 
空色ガールフレンド (IDコミックス 百合姫コミックス)空色ガールフレンド (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2009/11/18)
リカチ

商品詳細を見る


 
 所謂「タチ、ネコ」の役割がしっかりと別れたベーシックな内容です。

 ロミオさんは、自分がガチなのだと気がついた時に、その気持ちを受け入れるまでがとても早いです。
 そういったご都合的な「セクシャルな面での葛藤が浅い」というのは、確かに疑問を抱く部分かもしれないですね。
 しかしながら、積極的なアプローチに流されつつも拒絶しないのは、下地があったからという部分もちゃんと書かれていますので、説得力は確保しています。
 それを読んでいると、どちらかというとロミオさんのほうが歴が流そうですし。

 ストーリーは毎回山場を作るタイプではなく、純粋に全体の完成度を高めた感じです。読後に評価が分かれそうですね。
 本編とは別に、鍵等の小道具の扱いは中途半端だった気がします。唐突ですし、無くても成立しますしね。

 この作品を読んでいて、あらためて思い知らされたのが「無口な少女」の扱い難さです。
 設定として出すのは容易ではありますが、それを主軸に持ってくるのは本当に困難なのだなと…。
 どうしてもモノローグに頼らざるを得ないですしね。
 モノローグは読者には伝わりますが、本来物語中に発せられた「言葉」ではありませんので、他の補完がないと物語が薄くなってしまうという危険性があると思います。
 また、発せられていない「言葉」であるにも関わらず、相手がそれを受け取ってしまう等の矛盾も抱えやすいですね。そういった面を絵という力で補っていくことになるのだと思います。
 ただ、雰囲気が出るので個人的には好きですけれど。

 ※

 全てのレベルが高く、安心して読める内容です。年齢層も広く受け入れられるでしょう。
 ただ、決定的な何かを求めている方には、薄いと感じるかもしれませんが。
 それにしても、百合姫コミックスさんの編集方針なのでしょうか、安定と即戦力を求めすぎている気がしてきました。飽和は怖いですね。停滞の先には終息しかありませんし。
 それでも、良いものは良いのですけれど。
 この作品も十分オススメできます。

その他

蝋燭姫

 
蝋燭姫 1巻 (BEAM COMIX)蝋燭姫 1巻 (BEAM COMIX)
(2009/10/15)
鈴木 健也

商品詳細を見る


 まず、注意書きがございます。この「蝋燭姫」は作品中に十分「百合」と思われるエッセンスが盛り込まれていますが、様々な理由で私の中で、かなり辛い印象を持ちました。当然、一巻を読んだだけの感想であり、フェアなものではありません。ただ、あまり良い感想にはならないであろうことを予めご了承ください。


 購入したキッカケは、この作品がいろいろな百合系ニュースサイトで取り上げられていて、評価も悪くなかった為に、アマゾンで注文する際についでにカート入れてしまったという感じです。実際に表紙が美しいので、それに惹かれてしまったのも間違いありませんね。今にして思えば、題名とタイトルのロゴ、フォントである程度予測しなければいけなかったのかもしれませんが・・・。あとはエマのようなものを期待してしまったのもあります。

 この一巻を読み終えた時点での率直な感想なのですが、本当に嫌な予感しか浮かびませんでした。作者の他の作品を知らないので、どのような傾向の漫画をかいているのか全くわからないのですがあえて言わせてもらいます。

 本当に嫌な予感しかしません。

 どうも昔のアフタヌーン等で連載されていた「エデン」「なるたる」と言った90年代に流行したような「絶望と凄惨の大安売り大バーゲン」的な匂いがプンプン漂ってきます。

 人間は汚い生き物だ。誰も信じられない。絶望こそが真実。こんなにくだらない世の中だから、それを真摯に書いている。悲惨な状況こそ美しい。希望なんて無駄だ。と言った、後ろ向きなキーワードを持つ人間が書いている可能性が高い気がしたのです。

 このまま進めば「お姫様」や「従者」が「かなり酷い目に合う」であろうことは簡単に目に浮かびます。
 あの状態から、軌道修正されてギャグ的な要素を膨らますこともできる絵柄ではありますが、そうはならないでしょう。本当に予測で申し訳ありませんが、絶望と凄惨の大安売り大バーゲンになるのではないでしょうか。

 私は、断じてフェミニストではありませんが、自ら進んで女の子が痛い目に合う漫画を見る気にはなれません…。
 個人的に「エデン」「なるたる」のような残虐であれば大衆が喜ぶといった浅はかな作品は好きではありませんので、どうしても辛く見てしまいますね。

 こういった漫画を描かれる方の特徴って非常にわかりやすいかもしれません。
 「ミッシェルガンエレファント」や「ブランキージェットシティ」等の音楽を聞き、歌詞のネガティブな部分だけを抽出しているとでも表現すればいいのかな…。
 本来、そういったミュージシャンの方々は、それを越えた部分も表現しているはずなのですけどね。

 絶望に押しつぶされるのは簡単なことです。
 誰も信じられない、人間は最低だ、だから滅亡してしまえ、というような考えは安易すぎるのです。怒りや悲しみのみに塗りつぶされて、そこで表現がストップしてしまうようでは、稚拙であると言ってもいいでしょう。
 それを乗り越えて前向きに一歩を踏み出すことこそが、余程困難であり真実だと思います。



 ※単に、この作品が私が合わなかっただけで、こういった作風が好きな方には最高の漫画になる可能性があります。そういった要素が盛り込まれていますし、また実力のある作家さんだと感じました。

 ※二巻のレビューなどを参考にして、この感想が間違っていた場合、この記事は削除したいと思います。また謝罪いたします。

 ※絵は相当に上手でした。線が恐ろしく綺麗です。大きな判で見ると圧倒されるでしょうね。筋金入りの絵描きさんが書いているのでしょう。脱帽です。
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。