スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合物件

純水アドレッセンス

 
純水アドレッセンス (IDコミックス 百合姫コミックス)純水アドレッセンス (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2009/01/17)
かずまこを

商品詳細を見る


 形骸化された百合というギミックに頼らず、人間と人間の感情のぶつかり合いが丁寧に書かれていますね。そこへ女同士であり、教師と生徒という障害をエッセンスとして織り込んでいます。

 気持ちの表現をダイアローグとモノローグの対比で進行させているのですが、それが非常に上手く機能しています。正直、上手すぎて登場人物の性別をそっくり入れ替えてしまっても、なんなく成り立ってしまうレベルです。

 作者さんが、BL出身のようなことを巻末に書かれていましたが、同姓同士であることの障害や気持ちのすれ違いを表現することに、手馴れているのかもしれませんね。

 同姓同士の恋愛で大きな問題の一つであろう「家族に説明できるのか?」等と言った決定的な台詞があったりするのですが、それすらも嫌味ではなく、また変に劇画化していない為に、爽やかさすら感じます。

 実は、大人と子供という立場の違いを、かなりの部分を割いて表現しているのですが、それがポイントになっているのかもしれませんね。 「同級生」から見た「ななお」と「松本」から見た「ななお」の違いも、非常に変化があって面白い部分です。

 こういった、ポジティブで障害を乗り越える強い意志を持った若者には、普遍性があります。
 希望を失わず、物事と対峙できる精神は美しく、いつの時代でも受け入れられるものです。

 それを臭いと感じさせるか、感動と捉えさせるかは、個人の好みもあります。けれど製作者側の技量が試される部分でもあります。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。