スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合物件

空色ガールフレンド

 
空色ガールフレンド (IDコミックス 百合姫コミックス)空色ガールフレンド (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2009/11/18)
リカチ

商品詳細を見る


 
 所謂「タチ、ネコ」の役割がしっかりと別れたベーシックな内容です。

 ロミオさんは、自分がガチなのだと気がついた時に、その気持ちを受け入れるまでがとても早いです。
 そういったご都合的な「セクシャルな面での葛藤が浅い」というのは、確かに疑問を抱く部分かもしれないですね。
 しかしながら、積極的なアプローチに流されつつも拒絶しないのは、下地があったからという部分もちゃんと書かれていますので、説得力は確保しています。
 それを読んでいると、どちらかというとロミオさんのほうが歴が流そうですし。

 ストーリーは毎回山場を作るタイプではなく、純粋に全体の完成度を高めた感じです。読後に評価が分かれそうですね。
 本編とは別に、鍵等の小道具の扱いは中途半端だった気がします。唐突ですし、無くても成立しますしね。

 この作品を読んでいて、あらためて思い知らされたのが「無口な少女」の扱い難さです。
 設定として出すのは容易ではありますが、それを主軸に持ってくるのは本当に困難なのだなと…。
 どうしてもモノローグに頼らざるを得ないですしね。
 モノローグは読者には伝わりますが、本来物語中に発せられた「言葉」ではありませんので、他の補完がないと物語が薄くなってしまうという危険性があると思います。
 また、発せられていない「言葉」であるにも関わらず、相手がそれを受け取ってしまう等の矛盾も抱えやすいですね。そういった面を絵という力で補っていくことになるのだと思います。
 ただ、雰囲気が出るので個人的には好きですけれど。

 ※

 全てのレベルが高く、安心して読める内容です。年齢層も広く受け入れられるでしょう。
 ただ、決定的な何かを求めている方には、薄いと感じるかもしれませんが。
 それにしても、百合姫コミックスさんの編集方針なのでしょうか、安定と即戦力を求めすぎている気がしてきました。飽和は怖いですね。停滞の先には終息しかありませんし。
 それでも、良いものは良いのですけれど。
 この作品も十分オススメできます。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。