スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア様がみてる

マリア様がみてる―私の巣

マリア様がみてる―私の巣(マイネスト) (コバルト文庫)マリア様がみてる―私の巣(マイネスト) (コバルト文庫)
(2009/12/25)
今野 緒雪

商品詳細を見る


 この作品について書くにあたり、外伝的な話を最初に取り上げるタイトルとするのは「どうなのかな?」と思いましたが、現時点での最新刊ということで紹介させていただきます。
 とはいえ、ここを読まれる方の殆どが、この物語がどのような変遷を辿ったのかご存知だと思います。ですので、そのあたりは全て割愛させていただきます。

 既に作品の中で一つの大団円を向かえてしまってはいますが、設定などを含めてまだまだ魅力的なのは間違いありません。
 それは、百合という世界での話しではなく、キャラクターやリリアン女学園という存在そのものに魅力を感じている可能性が大きいと思います。
 現に初期から十年以上もファンを続けている方々は、百合という狭い枠ではとらえていないはずです。
 私の憶えている範囲では、初期からのファンは早い人で「いとしき歳月」で既にそっぽを向いてしまっていました。レイニー、パラソルまでも行っていません。
 百合というものだけを求めた人は、作者の「それだけではない」という「明言」で離れてしまったのです。

 百合物のトレンドセッターと認定され人気が爆発するのは、その後の話になります。しかし、皮肉なことに人気が爆発した時には、流行に関係なく以前から存在していた「純粋な百合ファン」は去ってしまった後だったのです。
 メディア露出や、アニメ化でこの作品を知った方々には信じられないかもしれませんが、最初のトレンドキラーまでの時間がかなり早い段階に起こったことは間違いありません。

 12巻あたりから、一般のメディアでも紹介されるほど人気が非常に盛り上がっていましたが、ご存知の通り内容としては下り坂に入っていました。初期の頃からネットでファンサイトを立ち上げていたコアなファンも、大抵がこのあたりでサイトを休止しています。二次創作の世界でも、極初期にウェブリングなどを立ち上げていた大手サイトは、この時期に撤退しています。
 (常に新しいサイトが出来ていたので、減ったという感覚は全くありませんでしたけれど、ここでは極初期にファンサイトを始めていた同人作家さん達を指します)
 一番盛り上がった時期に、原作が下り坂になっていたというのも、面白い部分ですね。
 その後、瞳子の姉妹問題あたりで内容的には盛り上がるのですが、その頃になると大半の人が去っていたと思います。これは全体の売り上げを見れば一目瞭然です。

 この作品が語られる時「集英社が引き伸ばしにかかった」という部分が、特にクローズアップされます。
 その為にダメになってしまったのだ、と。
 しかし、この作品においては、当然ながら「編集部の意向」もありますが、何よりも「作者の意思」により、このような形になったのではないでしょうか。
 緩やかな進行になったのは、作者の「なんでもない高校生の青春像」を書きたいという確固たる意思の元で進められたのだと思います。
 それは百合という狭い世界の話ではなく、人間としての成長そのものを書こうとしたからでしょう。

 途中から、祐巳と祥子が昔を懐かしむ場面が多くなっていきます。
 それは「遠いところまで来てしまった」という台詞に集約されていますね。数回出てくるフレーズなのですが、ここぞという場面で使用されています。

 これは、作者自身の気持ちがストレートに出ている名台詞だと思います。

 自分の実体験からくるもの・・・。女子高に通い、大学へと進んだ時代を懐かしむ気持ち。若さに満ち溢れ、経験したことの無い事柄に期待し、恐れを抱いていた年齢・・・。
 それは、二度と手に入れられない尊いものです。
 そういった時期を懐かしむ気持ちが強くなるのは、作者の実年齢を考えれば当然のことでしょう。

 また、10年以上も書き続けてきたシリーズであり、登場人物達と一緒に育ってきた、生きてきた、という実感。執筆において苦しい時期も、喜びも、全てを分かち合ってきた戦友ともいえる存在・・・。向かえる一つの結末・・・。感傷的にならない人間はいません。

 きっと物語の途中から「いつかはゴールに辿りついてしまう」という気持ちが強くなってしまったのでしょう。
 そんな中で、作者は出来るだけ長く「この子達と一緒にいたい」という思いを抱いたに違いありません。

 私は「マリア様がみてる」は「作者が自ら生み出したキャラクターを愛しすぎた」作品だと思っています。
 愛おしみ、慈しみ、母親ののような愛情で、彼女達を見守っていた。
 それにつきます。

 前述したとおり、現時点でこの物語を読んでいる方々は、同じようにこの物語の世界を、登場人物達を愛しているのではないでしょうか。
 百合、という部分だけで捉えてはいないはずです。心の中で、もっと特別な形に変化しているはずです。

 この「私の巣」にも、世界の一端が息衝いていると思います。
 これからも、リリアン女学園の世界を楽しんでいきましょう。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。