スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志村貴子

放浪息子 10巻

2010年3月現在で10巻まで刊行。続刊。

放浪息子(10) (ビームコミックス)放浪息子(10) (ビームコミックス)
(2010/03/25)
志村 貴子

商品詳細を見る


 ※この作品は「百合」とは何の関係もありません。志村貴子ということで取り上げました。

 特にクローズアップされたのはニ鳥君の身体的な成長でしょう。
 とうとう、姉を身長で抜いてしまいました。この描写は絶対にくると思っていた方、多いのではないでしょうか。これは、小学生だった彼を見ている側としては、様々なものが去来する出来事です。
 かなり急激に伸びている感じで、あんなちゃんよりも大きくなってますね。

 登場人物の表情が、どんどん変わっていっているのも効果的に作用しています。絵柄が変化したこともありますが、確実に成長しているのは間違いありません。
 後半のニ鳥君の顔は、カワイイ以外にもハンサム(男性的に)だという成分があった気がします。

 こんな表現が出来るなんて・・・。しつこいですがこの作者は凄まじいの一言ですね。

 そして、声変わり。
 大きく声変わりしていくのは当然の変化であり、人間である以上は避けられません。ホルモン治療をして、さらに身体にメスを入れた場合でも声を変えることはできませんからね。

 彼のセクシャルがどこに向かうのか、ここが大きな山場となるのではないでしょうか。

 実は、ニ鳥君のセクシャルを作者が意図的に「これだ」という枠にはめて明言したことはありません。
 つまり、単純にトランスセクシャルであるとかトランスジェンダーというような存在ではない可能性もあるということです。

 物理的に身体が男性であるが、女性としての精神を持ち、女性の姿になり、かつ恋愛対象は女性(身体的にも女性)というパターンは少なくありません。
 彼が男性に魅了される描写は今のところ見られないので、恋愛対象はあくまでも女性なのでしょう。
 自分を女性と認識していて、尚セックスの対象が女性であるというのは、狭義ではレズビアンということになりますが、この場合は当てはまることはないでしょう。

 今のところ「決定的な描写」は避けて表現されているので、このまま明文化されずに進んでいくことになるのかもしれませんが・・・。
 案外、普通に成長して「しーちゃん」のような感じになる方向も考えておかないといけないかもしれませんね。

 ユキさんの台詞「話半分に聞いて~」というのは、身体を全て変化させた者だけが言える一言だった気がします。
 最後まで進むのは並大抵のことではありませんから。性転換手術は生命の危険をもともないます。誰よりもそのことを知っているユキさんならではの表現なのでしょうね。

 この巻ではニ鳥君の成長以外では、とにかく誰かが誰かを好きという部分が大きく動いています。
 マコちゃんがニ鳥君を好きというのはなんとなくわかりますが、土居君がニ鳥君を好きそうなのは・・・。
 退場したと思われた、あんなちゃんがさらに登場するとは思いませんでしたし・・・。
 前巻に引き続き、主人公が主人公らしい仕事をしている内容でしたね。

 よしのさんのことも気になりますが・・・。

 とにかく、この作品は一人でも多くの方々に読んでいただきたいと思っています。
 青い花で志村作品に触れた方にも絶対オススメできます。この作者の表現力が凄まじいレベルにあることを実感できるでしょう。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。