スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合物件

ささめきこと 6巻

ささめきこと 6 (MFコミックス)ささめきこと 6 (MFコミックス)
(2010/03/23)
いけだ たかし

商品詳細を見る



 20010年4月現在で6巻まで刊行。続刊

 例えば、大変著名な漫画家である高橋留美子先生の作品は、結果を明確に提示しないことが多いです。
 人気の高い「うる星やつら」は、また楽しい日々が続いていくのだという表現で終わり、超ヒット作品の「らんま1/2」に至っては、延長戦という言葉さえ使用されています。
 この二つの作品に限って言えば、結果を提示する必要がないのはなんとなくわかる気がします。
 なぜなら、誰がどう見ても「主人公とヒロインが好き合っているのは一目瞭然」なのですから。

 大切なのは「結果」であることは当然だとは思うのです。
 けれど「途中経過」の大切さも忘れてはいけないのかもしれないなと思ったりしますね。
 途中経過あってこその結果ですからね。

 これだけ二人の関係を見せてきたのだから、信頼関係があって当然でしょ? という作者の気持ちは非常にわかりやすいですし、特にこの二つの作品は長期の連載を経て、散々二人の関係を見せたうえでラストを向かえているので、あえてゴールを書かなくてもいいのかなと・・・。

 くしくも「『うる星やつら オンリー・ユー」でもパロディ化されていますが、ダスティン・ホフマンの「卒業」は、その後を語られることが多い映画です。一応のハッピーエンドではありますが、終わり方に問題があると感じる人が多いんですね。

 あの後、熱の冷めた二人はすぐに別れた。ヒロインは貧乏生活に耐えられずに別れた。等など。(実はホームスクールという続編があるのですが、後付ものなのであまり参考にはならなかったり・・・)
 そういえば、花嫁を目の前でとられてしまった男性への同情票も多い気がしますね。

 こういった後日談が気になるという状態も、実は一つの結果なのかなと考えられなくはないのかも。
 けれど、読者側の想像に結末をまかせてしまう方法論は非常にリスキーで、非難に晒される可能性が高いものでもありますね。

 非難で真っ先に思い浮かぶのは「ハイスクール!奇面組」です。作者は夢オチを意図せずラストを書いたところ、読者は夢オチと判断し非難が殺到。ということになってしまった作品です。
 実際、最終回は何度か加筆修正されたようですね。しかし複数にわたって加筆修正されたものの決定的な結論を書いてはおらず、やはり読者に想像させる余地を残しているとこを見ると、最早作者自身がオチをつけることを否定しているかのようです。

 こればかりはもう途中経過でどれだけ作品に深みを与えたのか、作者の力量に全てがかかっている気がします。
 例としてあげた「ハイスクール!奇面組」は十二分な説得力がある気がしますが。

 さて「ささめきこと」ですが、一巻まるごと過去編に使うなどの労力があるので、説得力は確保しているような気がします。
 この六巻では、今後に繋がるような伏線も用意されましたが、基本的にはラスト手前という感じではないでしょうか。
 最後の見せ場をどう表現するかは、わかりません。けれどお茶を濁したような形になる可能性もありますね。
 また、ヒットを受けて引き伸ばしになっていることも考えられます。

 ここでスパっと終わるのもよいですし、第三者の下級生や空手の要素を使って引き伸ばすのも、私はどちらでもいいと思いました。
 読者側は、最初の段階でこの二人が好き合ってるのわかってますしね・・・。

 あと、読みきり見て気が付いたのですが、絵柄が凄く変化したのですね。どんどん少年漫画っぽくなっていってます。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。