スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙ひより

水色シネマ オレンジイエロー

水色シネマ (IDコミックス 百合姫コミックス)水色シネマ (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2010/05/18)
乙 ひより

商品詳細を見る


オレンジイエロー (IDコミックス 百合姫コミックス)オレンジイエロー (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2010/05/18)
乙 ひより

商品詳細を見る



 この「水色シネマ」「オレンジイエロー」は、二冊同時に刊行された作品でした。
 水色シネマは長編で、オレンジイエローは短編集です。
 装丁が凝っていたり、帯についている応募券を小冊子に引き換えできたりと、編集部の期待も大きかった感じですね。
 
 以前「かわいいあなた」「クローバー」の紹介で書いたとおり、爽やかでアッサリとした作風は健在です。
 天然系のキャラクターを書くのが上手く、考え方がまとまっていて、自己解決する能力を持った登場人物が多いからなのでしょう。
 両作品ともに、その天然系のキャラクターが柱になっており、物語の中心ともいえます。

 実は、無欲で、朗らかで、優しいキャラクターというのは非常に危険で、読者の反感を買う可能性もないとはいえません。
 ポリアンナの「よかった探し」を揶揄して、ポリアンナ症候群という言葉が作られましたが、最たるものでしょう。
 徹頭徹尾聖人君子だと「そんなわけないじゃない」という気持ちを抱かせるのは当然ですから。
 そう思わせた時点で、作品としては終わってしまいます。
 共感を得られない作品になれば、読者は続きを読まないでしょう。

 その点、この作者は何故か不思議な説得力を持っている気がしました。
 藤野みゆきさんにしても、多恵ちゃんにしても「計算してないな・・・」と思わせる何かがあるのです。
 きっと絵柄や、手で演技させる独特の表現等、様々な要素が幾重にも折り重なって、それらが作られているのでしょうね。

 特に、顔の表情よりも腕の動きが顕著である場合、特徴を誇張させる効果があるので、それによりキャラクターの持つ天然という部分がクローズアップされている可能性があります。

 なにより、アッサリとした作風からは考えられないほど、作者はキャラクターの持ちうる束縛に敏感なのだと思います。
 このキャラクターは「こういう行動をしない、台詞を言わない」という選別が上手いのでしょう。

 天然系キャラクターに説得力を持たせる、それこそがこの作者の最大の魅力だと思います。

 こういった作風で続けられるかはわかりませんが、今後も楽しみにしていたいですね。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。