スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袴田 めら

それが君になる

それが君になる (IDコミックス 百合姫コミックス)それが君になる (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2010/10/18)
袴田 めら

商品詳細を見る



 「会長と副会長」でも書きましたが、袴田作品に見られる「薄い黒さ」というものが、しっかりと読み取れる内容です。
 絵柄に相反する、キャラクターの持つ「極僅かなギスギス感」が、雨音さん側から感じられ、読者を引き込むでしょう。
 それはいままで紹介させていただいたとおりです。

 それとは別に、もう一つ袴田作品で顕著であるのが、セクシュアリティを連想させる場面があるという部分ではないでしょうか。

 誤解を前提にあえて書くと、セックスや、性的特質を意識させることがあるように感じられるのです。
 (そういった部分から、最も遠い作家だという印象を持つ方が多いとは思います)

 それは、キスシーンや濡れ場の直接的な部分からではなく、ちょっとした表情、ポーズ、極端な話「座っているだけ」等の外堀であるはずの場面から、連想させてしまうような気がするのです。

 ただし、べっちょりとした厭らしさや卑猥さを伴うものではありません。
 甘美な方向のものではなく、どちらかというと「痛い」という意識を抱きます。

 例えば、森永みるくさんの書かれる様な「幸せだとか、嬉しさ、気持ちよさ」を感じることは皆無です。ひたすら「痛い」印象を抱きます。(そもそも作風が全く違うのでフェアな例ではありませんが・・・)

 この「痛い」というのは「精神的に未熟である」という場合に使うものではなく、言葉どおり意味する「肉体的な痛覚」のことです。
 これは、セクシャルなものに絡みつく「女性側が強く感じる汚さ、恐れ」が根底にあるのかもしれないですね。

 こういった「後ろめたさ」のようなものを上手く表現している作品は沢山存在します。
 ただ、ありきたりな方法論ではなく、また大袈裟にそれを主軸に掲げるのでもなく、袴田作品は、それを「僅かに感じられる程度」という微妙なラインで表現している部分がオリジナリティになっているのではないかと・・・。
 特に絵柄が柔らかいムードで統一されているので、そのギャップも上手く作用しているのかもしれません。

 「微妙な後ろめたさ、胸が張り裂けそうな感覚、セックスの肉体的な痛さ」一言で表現するなら、それを「せつない」と呼ぶのかもしれません。
 けれど、個人的には「せつない」よりも単純に「悲しい」とか「ギスギスしている」という表現にしたいかなと・・・。

 それを踏まえると、一見ただのハッピーエンドなのですが、それでけでは終わらない奥深さを説明できるのではないかと考えました。
 殆ど、勝手な思い込みではありますが・・・。ごめんなさい。

 とりあえず、私がファンだからという部分を差し引いても、もっと沢山の人に読んでもらいたいなと思います。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。