スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合物件

ひみつ。

ひみつ。 (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)ひみつ。 (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
(2010/12/11)
大朋 めがね

商品詳細を見る



 おそらく「つぼみ」作品では、かなりの人気なのではないでしょうか。アマゾンでも在庫切れになっていました。つぼみは百合姫とは編集方針が異なり、潔よい感じでジリジリと人気を拡大している感じがしますね。

 第一印象は、とにかく「原稿が白い」「カケアミ」ということでしょうか。
 成年指定で書いていらした時は濡れ場中心なので、画面構成も表情もダイナミックでしたが、今作にはそういった部分はありません。状況に合わせて、モードを変化させたのかもしれないですね。

 言われている志村センセとの類似は、話しの内容や台詞回しには感じられませんでした。そんなに似てはいないのかなという感じです。
 雰囲気が似てしまった理由としては、以下の理由が考えられるかもしれません。

 擬音や、書き文字がない。
 コマのタチキリが少ない。
 カケアミが綺麗。
 デフォルメされた時の目。
 白コマのふきだし。

 くらいでしょうか・・・。話しの内容等ではなく、画面の構成に関する事柄が多いのかな。
 実は、他にもいろいろあるにはありますが、それは他の漫画全般としても言えることなので、指摘されることではないのかなと。個人的には別物ではないのか、と判断したいです。
 前述の通りそこまで似ているとは思いませんでした。
 最終的には作家さん側の意識の問題だと思うので、一読者にはわからない部分です。

 内容ですが、背中がむず痒くなる展開を意図的に排除している印象を抱きました。
 クライマックス部分の台詞の一部をモノローグにして、自己完結させていたり、感情の爆発を淡々とさせているイメージが強いです。
 読んでいて読者が「恥ずかしい」と思う要素を徹底的に削り倒しているのかもしれません。それが白い画面効果も相乗して雰囲気を高める要素になっている気がします。
 あとは成年誌の時よりもブラック加減が薄まり、本当に丁度良い部分に落ち着いているのも関係しているように見受けられました。
 本当に蛇足ですが、当時のような黒い話が中心だとここまで話題作にはならなかったと、あえて断定したいです。

 作品の人気が出る出ないというのは、非常に微妙な部分が集まって、結果に繋がると思います。
 話題に上る作品というのは、黙っていてもそうなります。
 絵柄やキャラクターで売れ筋を狙えると考える向きもありますし、またそういった編集方針を持つ担当の方が多いのも事実です。
 しかし、最終的には作品の中に存在する「何か理解できない怪物のようなもの」ものが左右するのでしょう。

 そういった面で見れば、この作家さんは「何かを持っている」んでしょうね。
 
 個人的には今後の楽しみが増えて嬉しいというところでしょうか。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。