スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合物件

ふたりとふたり

ふたりとふたり (IDコミックス 百合姫コミックス)ふたりとふたり (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2010/09/18)
吉富 昭仁

商品詳細を見る



 実力派の作家さんの作品です。
 ある種の、レズビアンのコミュニティ形成をそのまま漫画にしたような内容ですね。

 同性愛的思考が強いです。お互いの気持ちを探って赤面するような百合部分はあまり期待しないほうがいいでしょう。
 「しまいずむ」のようなコメディ要素も薄いです。

 ただ、前半に若干百合的展開があるにはあるので、ミックスさせたような感じですね。とは言ってもバランス的には完全に前者のイメージが強いです。
 評価が人によって分かれそうです。少女セクトが苦手だった人には、なかなか厳しそうな気がします。

 濡れ場等も満載ですが、それ以上に人間関係に生々しい部分があり、商品化された「百合」漫画というジャンル専門の方には、受けはよくないかもしれません。
 絵柄からは想像できないほど「萌え要素」はないからです。

 このストーリーを見て「なんて軽薄で、無軌道な人達だろう」と感想を抱く方がいても、それは当然のことだと思います。
 ごく一部で、このような共同体があるのは事実です。ただし、考えているほどアンモラルではありません。また、心の繋がりを軽視していることもありません。
 特殊な生活をしているのか? と問われても普通であるとしか説明できません。
 セクシャルがどうであろうと、社会で基盤を持ち、働いて納税している人間であることは間違いないからです。

 マイノリティを自覚するという行為自体、当然ですが人によっては意味が違ってきます。
 心の研磨になりうる人もいるでしょうし、より一層刺々しくなる人もいるはずです。

 差別を許すな、と声高に叫ぶ人もいるでしょう。
 マイノリティ視点に誇りを持ち、ビアンのフリをしている女性を逆差別する人もいるでしょう。
 そんなことから全く離れて、飄々と生活をしている人もいるでしょう。

 それらは「生きる」ということに敏感だからこそ出てくる思考なのではないでしょうか。

 そういった世界を受け入れられるかどうかは、まさに個人によるとしか言いようがないですね。受け入れる人も、偏見を持ち区別してしまう人も、どちらとも間違いではないのでしょう。
 
 私は、そもそも是非自体が存在しないと思っておりますが。



 (※)あくまで極々一部にスポットを当てただけの話です。

 こちらの少女セクトの感想も参考にしてください。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。