スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他

微妙に考えた。

 崖の上のポニョという映画があります。皆様既に観覧済みであると思います。

 この映画の感想で意外に多いのが「母親であるリサの運転が危険すぎる」というものです。
 あれは、たしかに危険極まりない運転だとは思います。子供を乗せている時にする行為ではないでしょう。いえ、たとえ子供が乗っていなくとも、していい範囲を超えています。

 まったくなんて酷い運転だ、他人を傷つけたら責任をとれるのか! と言われても仕方がない見せ方であったことは間違いないでしょう。
 私も、当時は「そういえばそうよね~、あれは危険だよね~」なんて言っていた気がします。私は、普段から運転をしている人間なので、そう突っ込まれた時に、その意見はもっともだと思えたのでしょう。

 で、最近になって同監督の「カリオストロの城」を久しぶりに見たのですが「やっぱり冒頭のカーチェイスはいいよね~」なんて言っている自分がいました。

 そこで、ハっとして微妙に考え込んでしまったのです。

 ルパンはいいけど、リサは何故ダメだったのか・・・?

 ルパンさんも非常に危険な運転をしていました。というか、危険というレベルをはるかに超えています。壁を登りますし・・・。殆ど暴走です。
 けれども「そんなのルパンだったら当然だし、彼なら何をやっても許されるでしょ」なんて感じしかしません。
 だってアニメの中での出来事だし、ルパンさんは実在してないですし、アクションの話なんだし・・・。と、誰もが思うでしょう。

 でも、よくよく考えたらポニョもアニメだし、人面魚というか人魚みたいなものが出る話だし、あまつさえ魔法を使うし、グランマンマーレさんは神様みたいだし、どう考えてもファンタジーの世界なのだから、車でカっとばしても良さそうなものだと思いませんか?

 この差はどこからきているのでしょうか?
 ひょっとして、キャラクターの浸透度の差なのかもしれませんね。ルパンさんは積み上げてきたものが違いすぎますから。
 何十年にもわたり不可能を可能にしてきたわけなので、彼なら運転をミスすることはありえないという安心感が沸きます。
 また、あのシーンでは、女の子を助ける為だったという大義名分もあります。
 一方リサさんの場合は、単に無謀の一言で片付けられてしまいました。だって彼女は「運転の達人というようなキャラクターではない」のですから。
 イメージ的には「ちょっと慣れた素人」程度でしか受け取れません。
 ひょっとすると「母親」というキャラが行う危険行為に、深層心理で拒絶している可能性もあります。
 この差は大きすぎます。

 監督は、このような感想が出ることを全く考えてはいなかったと思います。
 ポニョという存在も劇中で「金魚」という単語で説明されたりもしますが、ハッキリいって深い部分まで設定していなかったのではないでしょうか。
 親子は途中で死んでいたとか、何か深い意味があると考えるだけ無駄な気がしてなりません。

 ナウシカ時代の監督は、銃の動作原理や弾丸の軌跡まで細かに設定していましたが、近年の作品では、そういった細かな設定を全て捨てている気がします。
 物理的現象の考察や、映像美としての見せ方だけを残し、細かな裏設定で見せるオタク的要素を排除しているともいえます。
 オタクという存在を嫌うあまり、憎しみまで持つに至った弊害かもしれませんね。

 ただ、それが故に「共感」をも捨て去ってしまっているのではないでしょうか。だからルパンに共感できてもリサにそれを感じる人が減ったのかもしれません。

 とはいえ「子供向け」という言葉の前では、全ての考えが成り立たないとも言えますが。
 だって「そんな突っ込みするほうがおかしい」で終わりますもの。



  ルパン三世 炎のたからもの
 フィアットで一路カリオストロ公国へ・・・。その道中で彼らに笑顔はありません。結局は、闇の世界に生きる住人、それがルパンなのかもしれません。
 どれだけ幸せを求めても、凍てつく茨の道を歩くしかないのです。どんなに誰かに理解してほしいと願ったとしても・・・。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。