スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他

からくりサーカス 魂の燃焼、その先へ・・・。

 ※この作品は「百合」とは何の関係もありません。



 藤田和日郎氏の「からくりサーカス」は1997年~2006年の作品です。単行本は全43巻で完結。
 大人気だった「うしおととら」連載後の発表でしたが、期待に応える素晴らしい内容でした。
 週刊少年漫画雑誌にて良作を連続させることは非常に困難なことではありますが、藤田氏は見事に成し遂げたと言えるでしょう。

 この作品は、用語やガジェットが多く、ストーリーも凝った展開を見せますが、テクスチャーを剥ぐと単純明快だったりします。
 すなわち「少年が成長し、巨悪と戦い、女性を守る」というものです。おそらく、少年漫画という枠内における作者の集大成だったのでしょう。
 元々、暗い感じの短編を書かれていた方ですが、それすら盛り込みつつ「生きる」という部分を、魂の燃焼にまで昇華させています。


 「しろがねOは睡眠など必要ない・・・私はまだまだ起きていたいんだ・・・」 ジョージ・ラローシュ


 読んでいて最も力が入るのは、やはり「登場人物の死に様」ではないでしょうか。

 かの「太陽にほえろ!」というドラマでは「殉職」が大きな山場になっていました。
 俳優の「こうやって死にたい」という望みが、脚本家や番組スタッフに取り入れられていたのだそうです。

 Wikipediaによると、萩原健一さんと松田優作さんは全く違ったアプローチをとったようです。
 萩原さんは雄雄しく散っていく様を考え、一方の松田さんは死にたくないという生への渇望を演じたとのこと。
 死をどのようにむかえるのかによって、人間性を表現しようとしたのですね。つまり、死に様で人となりが、全てわかってしまうということでしょうか・・・。

 からくりサーカスでは、様々なキャラクターに死が用意されていますが、共通しているのは「魂を燃焼させるほどの戦いを見せた」という部分かもしれません。

 今ある生に対して言い訳をせず、ひたすら前に向かって進んでいく。それも待ったなしで・・・。
 個人個人の主義主張はありますが、自らの美学のようなものを守り、壊さない為に進み続けているような描写が非常に多かったですね。


 「今、人間達は命をかけて自分の舞台を踏んでいるのさ」 ギイ・クリストフ・レッシュ


 劇中に様々なキャラクターがお亡くなりにっていきますが、その中で基本的なルールが一つだけあるような気がしました。
 それは「悪事を行ったものが死ぬ」ということです。
 過去に人を傷つけたことのあるもの、悪事を行ったもの。それらが最終的に自分の命で清算させられていたのかもしれません。

 パンタローネ、アルレッキーノ、コロンビーヌは当然なのかもしれません。後はヴィルマ、アシハナの二人は元殺し屋なのでこれも仕方がないですね。
 ギイは・・・。彼の過去まで知っている読者としては、これも納得なのかも・・・。

 他の人を踏みつけにして幸せを求めてはいけない、というメッセージがありましたが、キャラクターの死はこれと密接な関係にあったのでしょうね。


 「さて何を書こうか、考えているうちに・・・、たっぷりあったはずの時間は過ぎていく・・・」 ルシール・ベルヌイユ


 生は短い。
 その中で「魂の燃焼」を可能にさせられるものは、人によって違います。

 人は人生の中で見せ付けられる出会いや別れ、喜び悲しみを敏感に受け取ります。誰もがそれを毎日繰り返しています。
 それを避けて生きることは出来ません。不可能です。
 死を意識した人ならば、なお更でしょう。

 そんな死を意識した毎日の中で、いつかきっと何かを捜し求められる。
 心の中にある、言葉では表現できない得体の知れない何かを説明し、表現できる。
 と、信じて毎日を生きている人がいたりします。

 藤田和日郎氏は「魂の燃焼」を可能にさせられるものを見つけ、実践している人なのだろうと思いました。
 それは、長い時間を投資し身につけた、尊い技術によってもたらされるのです。

 まるでサーカスの芸人のように・・・。




からくりサーカス (43) (少年サンデーコミックス)からくりサーカス (43) (少年サンデーコミックス)
(2006/08/11)
藤田 和日郎

商品詳細を見る


 ※百合要素はですね・・・。ありません。ごめんなさい。ヴィルマさんが唯一バイセクシャルっぽいというだけです。
  ちなみに、この作者さんの書かれる女の子ってやたらとウェストが細く表現されていたりします。
  タランダ・リーゼロッテ・橘さんがかわいくて好きでした。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。