スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合物件

エンジェルエンジェルエンジェル

エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)
(2004/02)
梨木 香歩

商品詳細を見る


 最近、本棚の奥から発掘されました。
 あまり記憶にないですが、巣鴨かどこかの本屋さんでタタキにつられて買ったものだったはず。
 他にも沢山買った時のついでだったので、内容もあまりおぼえていなかったのですが、今回改めて読んでみました。非常に短いお話で、三十分もあれば終わってしまう内容です。

 誰かに「これは百合物なのか?」と問われると「違います」としか答えられません。
 しかし、私にとっては微妙な百合成分を感じる作品でした。

 このジャンルに対し、最近の萌え化した百合が嫌いな方もいれば、大好物な方もいるはずです。
 精神的なつながりを重要視される方もいれば、肉体的な艶やかさを求める方もいるはずです。
 一人一人で百合の定義は違いますよね。

 この小説では「戦前の女学校」が出てきます。
 ジャンルとしての「百合」という言葉は新しく、戦前は存在しない言葉なので、そのあたりを「百合」と呼ぶことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 ただ、男女七歳にして席を同じうせずといわれ、隔絶した世界で生きていた女の子達の間で生まれる「擬似恋愛」的な感情は非常に「百合」要素が高い気がします。
 そもそも吉屋先生の生きていた時代なので、そちらこそが本来の姿であり定義そのものなのかもしれません。
 エスなどという言葉が、百合に変わっただけなのかも。

 年頃の女性同士の間で、憧れと、嫉妬というものが強く発揮されるのは、相手を思っているからこそでしょう。少なくとも無関心ではいられないということですから。
 しかし、大半は思春期の一瞬で、その気持ちは霧散してしまいます。最初から何も無かったかのように綺麗さっぱりと。
 若さゆえのはつらつとした肉体に、跡形も残らない気持ち。

 やはり「百合」に一番似合う言葉は「儚さ」なのでしょうか。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。