スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他

機動警察パトレイバー the Movie

EMOTION the Best 機動警察パトレイバー 劇場版 [DVD]EMOTION the Best 機動警察パトレイバー 劇場版 [DVD]
(2009/10/27)
冨永みーな、古川登志夫 他

商品詳細を見る



 押井守監督作品です。
 GWということで、何か映画をと思っていたのですが、電気屋さんで1000円で売っているところを発見、即買いました。VHSのビデオで見てから、おそらく10年ぶりに見たのではないでしょうか。
 新宿の映画館で見た記憶もありますが、それがパトレイバー2だったのか何だったのかハッキリしません。
 つまり、結構古い映画だということです。

 内容がOSやコンピューターウィルスを中心にしているので、古さを感じませんでしたが、これギリギリ80年代の映画なんですね。もう20年以上前の映画ということになります。
 当時のPCのOSは殆どがDOSだったのではないでしょうか。そんな時代に主題に持ってくるとは、なんという先見性でしょう。
 
 この時点で押井節が炸裂していて、完全に作風が固まっていたんですね。
 旧約聖書の引用や、風景を見せて音楽を流すというお約束も当然入っています。
 これは、刑事さんが必死に捜査している場面なのですが GHOST IN THE SHELLでお馴染みの不協和音っぽい音楽で、引き込んでいく手法です。

 驚かされたのは、アニメや漫画的な手法が随所に残されていたところです。
 オチで人物が凍ったり、顔がデフォルメされたりなど「うる星やつら」等で見られたギャグ的要素を排除していなかったんですね。
 現在の作風ばかり見ていると、ちょっと信じられないような感覚になります。

 缶ジュースのプルトップが引っ張るものだったり、携帯電話がなかったり・・・。この20年で飛躍的に様々なことが進化したのだなぁと・・・。何度も何度も感じてしまいました。


 私は、パトレイバーという作品自体「ゆうきまさみ」氏が全て手がけて、漫画を描いていたものだと思っていましたが、様々な面で色々な方が関わった大きなプロジェクトだったようです。

 漫画は、あまりにも考え抜かれたコマ割を持つ作品だったので、非常に記憶に残っています。
 なぜ、作者が映像のカットを意識した絵を描いていたのか、理由は知りませんが、今思えば「見せ方」という一点のみ、押井監督との相性は良かったのかもしれません。

 というわけで、久しぶりに原作を読みたくなってしまい、更に機動警察パトレイバー2のDVDを捜すことになってしまいました・・・。

 そんなGWでした。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。