スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志村貴子

青い花 7巻

2013年3月現在で7巻まで刊行。続刊。
青い花(7) (エフコミック) (Fx COMICS)青い花(7) (エフコミック) (Fx COMICS)
(2012/07/19)
志村貴子

商品詳細を見る


 劇中の時間経過がとても早く、三年生になったかと思えば、松岡側の修学旅行も藤が谷の演劇祭もあっという間に終わってしまいます。
 特に演劇祭本番は数ページしか書かれていません。
 あーちゃんの部長という設定が、何かに活用されるということもない感じです。そして、前半部分は井汲さんのエピソードで占められています。
 一見すると主役二人の関係があまり書かれていないという印象を持ってしまいそうな展開なのですが…。

 時間経過はとても早いのですが、二人の関係の進展具合は非常に遅く、また丁寧に書かれています。
 何をもってして関係が進んだとするかは、個人差があるのでなんとも言えませんが、私にはじっくりと外堀を生めている過程に思えました。
 一応、肉体関係のような描写もあるのですが、それすらも途中経過にすぎない感覚を持たせます。

 この二人、お互い好きあってはいるのは間違いありません。けれど、やはり温度差はあります。
 フミさんは生来の「そっち系の人」であり、セクシャルを自覚しています。しかし、あーちゃんは違います。恋愛そのものの経験がなく、これが初めての関係なのです。
 フミさんからすれば「引きずりこんでしまっていいのだろうか?」という思いを抱いても仕方ないでしょう。
 彼女は「同性と愛し合えるのか?」という疑問を持つのは当然なのです。

 青い花では、二人が都合よく同じセクシャルであるという展開ではなく、片方が状況に戸惑いながらも進んでいくという形態をとっています。
 ですから、その葛藤が中心なのだと考えれば、他のイベントが早々と終わってしまっても、問題ないのかもしれませんね。

 現状、フミさんは恐れを抱いて踏み込めず、あーちゃんはどこまで自分から歩み寄ればいいのか、模索し続けているという感じです。

 作者は、どこまで表現しようとしているのでしょうか…。
 勝手な想像ですが、肉体関係を持って終わりという浅いものではなく「生涯の信頼し合えるパートナー」という部分まで持っていこうとしているのかもしれません。山科・大野ペアのように。

 このゆったり感が、この作品の一番重要な部分なのでしょう。
 私は、これからも、それを十分に堪能していきたいと思っております。


 

 そういえば、この作品では「経験済み」であるかどうかで、人物の書き方が意図的に変えられているのかもしれないと思ったりもしました。
 それでいけば、上田さんも何かしらありそうな感じですね。
 興味、期待と恐れを抱く…。まさに「女の子」ではないでしょうか。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。