スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケバン刑事II

スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説 第一話

 かなり前のことになってしまいましたが、和田慎二先生死去にあたり、何か書きたいとは思っていたのですが・・・。
 また、蟹江敬三さんもお亡くなりになったとのことで・・・。
 とりあえず・・・。

 TVドラマスケバン刑事II 少女鉄仮面伝説は1985年11月7日から1986年10月23日まで毎週木曜日19:30 - 20:00に放送されました。
 斉藤由貴さん主演の一作目の人気を受けて、南野陽子さん主演で続編が作られました。
 第一話は、麻宮サキの後継を探すシーンから始まります。
 さすがの暗闇指令も、戦闘力、精神力、どれをとっても秀でた存在だったサキの代わりをを見つけるのは困難を極めていたようですね。

 当時、主役が鉄仮面を被っているという部分が事前にクローズアップされていましたが、被っているのは冒頭の数分だけです。わりとあっさりと脱いでしまいます。
 当時の南野陽子さんは非常に若く美しい方だったので、仮面を被ったままというのは、さすがにおかしいですよね。勿体無さすぎます。

 南野陽子さん演じる、主人公の五代陽子さんは、幼い頃に仮面を被らなければ殺されるという状況に追い込まれ、ずっと鉄仮面を被って生きてきたそうです。

 その五代陽子さんは、ゲリラ戦法を得意として四国全体のスケバンから恐れられていたということです。

 つまりは、仮面のせいで友達が出来ず、気がついたらグレてしまい、仲間が一切いないために、トラップ等を使うゲリラ戦法を身につけたということでしょう。
 単独で行動せざるをえなかった人物の、悲しい特技かもしれません。

 ちなみに、鉄仮面を被ったまま生活が出来るのか? 学校に行けるのか? というもっともな疑問を抱くかと思います。
 劇中でも、そこには触れられていて「わが国の教育機関が、そんなことを許すはずがない!」という疑問を持つ登場人物もいらっしゃるのですが「仮面を被らなければ殺されるという状況」を作ったラスボスがそれを許していたということです。

 今作の大雑把な目的というのは「荒廃した高校で起こる様々な事件を、スケバン刑事が解決する」というだけでなく「高校を荒廃させた、ラスボスである黒幕を倒す」ということになるのでしょう。

 五代陽子さんも、いきなり拉致されて連れてこられたわけですから、当然「警察の手助け」なんてまっぴらゴメンだという態度になるわけです。
 一応不良なので、警察は憎むべき相手でしょうから。
 そこで、彼女を納得させる為に用意した理由が仮面を被せたラスボスを倒す」というものだったのです。

 幼い頃に、仮面を被せられた相手です、しかも、そのラスボスは五代陽子の父親も殺害しているということ、怒り狂って当然でしょう。
 かくして五代陽子さんは、鉄化面を被せた相手、父親を殺害した犯人を倒す為に匿名刑事「麻宮サキ」となったのでした・・・。

 第一話の見所は、得意である「ゲリラ戦法」を使って、暗闇指令の手下である特殊部隊を倒すというシーンです。
 敵を倒すためなら、泥沼に平気で隠れる、ベトコンも真っ青なブービートラップを作るという、女子高生離れした能力をいかんなく発揮しています。

 泥沼に入って全身塗れたセーラー服が、一瞬で乾くのはご愛嬌ということで。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバックURL
プロフィール

すみれ

Author:すみれ
 百合漫画、百合要素のあるものを紹介するブログ。それ以外のものも若干あります。

 評論、レビューではありません。とりとめのない話です。

 アフィリエイト等のクリック数を稼ごうとするサイトではありません。

 あくまで個人的な感想であり、他に異を唱えるものではありません。

 紹介作品は新旧まざっています。探したい作品があれば「全ての記事を表示する」を使ってください。

 ものによっては大幅なネタバレがあります。

全記事表示リンク



Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。